HOME  >  超立体プリント > 超立体プリントデータの作り方

データ作成について

入稿データはIllustratorのaiデータで作成してください。
データ入稿形式:Illustrator(.ai)
イラストレーター CS5

製版サイズは25×36cmです。

データは25×36cm以内に配置してください。色数に制限はありません。
1つの版に大きさが異なるものや絵柄の異なるものが入っていてもOKです。
白だけの文字や絵柄など『白』なのか背景なのか分からなくなるようなデータの場合は
透明グリッドにするか一番下のレイヤーに適当な背景色をつけてください。

データーの作り方

他人の著作権・著作者人格権・商標権・肖像権に触れるものや公益の秩序を乱すような画像・データと判断した場合やアダルト画像(及び類するデータ) は、ご注文後でもお断りさせていただきます。
また、パブリシティ権に触れるものもご注文後でもお断りさせていただいております。
悪しからずご了承くださいませ。
WordやExcelデータではプリントデータを作ることができませんので、 必ずIllustrator形式データでお送りください。

  • 文字はアウトラインをとってください。
  • スポットカラーは使用せずカラーモードはCMYKにしてください。
  • 透明効果をお使いの際は、予期せぬ不具合が発生する恐れがありますのでご注意ください。
  • 特殊効果は使用しないでください。
  • リンク画像や埋め込み画像の解像度は300dpi以上にしてください。
    画像の周りはillusutratorのパスを作ってください。
  • 特別に凹凸を付けたい箇所がある場合は別レイヤーで指示のパスを作ってください。
    指示がない場合は画像をみて工場の職人が凹凸部分を判断し、製版作業に入ります。
  • データ入稿の際には、アピアランスを分割してください。
  • 10mm以下の絵柄は立体にする事ができません。

 

PAGE TOP