HOME  >  超立体プリント > 超立体プリントの特長

超立体プリントの特長

膨らませる部分と膨らませない部分の判断は弊社にお任せください。
特別に指定がある場合は、データ入稿時にご連絡ください。

製版後はやり直しがききませんのでご注意ください。

シートの裏面は発泡の糊が見えます。熱をかけると膨らみます。
グレーの線のように見えている部分は、膨らんだ時に切り込みとなる部分です。この部分がある事により
立体プリントに凸凹がうまれより発泡が活きるプリントになります。
細い文字や線は膨らませる事ができませんのでご注意ください。
超立体プリント

生地にプリントするとこのようになっています。
超立体恐竜プリント

このプリントの場合、『DINOSAUR』の文字部分は膨らませていません。
恐竜部分のみを膨らませるように作っています。
膨らませていない部分は白文字もできますが、下地の色に影響されますので完全な白色にはなりません。

PAGE TOP