HOME  >  超立体プリント > 超立体プリントの特長

超立体プリントの特長

超立体プリントは、コンピュータで画像の高低処理を行い、独自開発の発泡インクを用いる事で従来にはないリアルな立体表現を可能とした画期的なプリント手法です。シートの状態でお届けする事ができますので、 お手持ちの衣類へのプリントができます。
超立体プリントは素材の色に関係なく鮮明なプリントができます。

ご自分で圧着できるシートでのお届けと、生地にプリントまでオーダーの2通りのご注文方法があります。

超立体プリントシートをご注文の場合

シートをご注文の場合はこのようなフィルムに印刷がしてある状態でお届けします。
プレス機で135度で15秒圧着してください。
超立体プリントお届け

シートの裏面は発泡の糊が見えます。熱をかけると膨らみます。
超立体プリントシート

グレーの線のように見えている部分は、膨らんだ時に切り込みとなる部分です。この部分がある事により
立体プリントに凸凹がうまれ、より発泡が活きるプリントになります。
超立体プリント

生地にプリントするとこのようになっています。
超立体恐竜プリント

膨らませる部分と膨らませない部分の判断は弊社にお任せください。
特別に指定がある場合は、データ入稿時にご連絡ください。

素材(生地)によっては立体感が異なります。あらかじめテストをしてからご使用ください。
プリント部分には直接アイロンをかけないでください。洗濯、脱水後は直ちに製品を広げて形を整えて自然乾燥してください。
(絵柄が折れ曲がった状態で放置しない)
タンブラー乾燥はお避けください。

 

プリントまでのご注文も承っております。

弊社でTシャツに圧着してお届けします。プリント代は別途お見積りとなりますので、ご連絡ください。
恐竜Tシャツ

※写真のTシャツの裾にあるタグはオプション品です。通常のTシャツには付いておりません。
 また1着毎のPP袋入れは別料金となります。

弊社でトートバッグに圧着した例
恐竜Tシャツ

※バッグ左上部にあるタグはオプション品です。通常のトートバッグには付いておりません。
 また1枚毎のPP袋入れは別料金となります。

PAGE TOP